本文へスキップ

大正時代に創業

電話でのお問い合わせは082-812-2178

〒731-0223 広島県広島市安佐北区可部南5丁目5-25

弊社木材使用例詳細
※弊社の木材を使用していますが、実際に作製されたのは取引業者様、又はお客様ご本人です。
ご希望者には施工会社様をご紹介します。

detail

ワンルームマンションをリフォーム

床を中心に木材を使用されました。
赤色を使われていますが、木目と相まって落ち着いた雰囲気になりました。
幼いお子様がいらっしゃるのですが、ハイハイはもちろん、こけても安心だそうです。
無垢の木材のため、キズやお子様の落書きなどは、紙やすりなどで擦れば元の状態に戻るそうです。

キッチンカウンターや洗面台も既製品ではなく、お好きなカランなどを選ばれて木材で作成されました。
また、5枚目の写真にある棚はリフォーム後にお客様ご自身が、弊社でサイズを合わせてカットした木材に色を付けて取り付けられました。木材のため、釘と金物の補強で比較的手軽にできたそうです。

写真


一軒家をリフォーム

リフォーム箇所は、台所、2階の個室、お手洗い、お風呂場まで多岐にわたります。
部屋ごとに異なりますが、床・壁・天井など全てで木材をふんだんに使われました。
木目の部屋だと、物が少なくても殺風景にならず落ち着いた雰囲気で居心地が良いそうです。

写真


一軒家をリフォーム

今回のリフォームはもとの家の素材を出来る限り利用されました。
とはいえ、寒冷地域なので今回は断熱材も弊社からお出ししました。
床は全体的に木材で、他にキッチンの家電置きや1階及び2階のトイレには家のサイズにぴったりの大きさの棚をお客様のニーズに併せて作成されています。

写真



和室で椅子を使えるように

和室の仏間で長らく座卓を使われていましたが、床に座ったり、立ち上がったりがつらく、椅子を使いたいと考えられました。
ですが、思い出もあり座卓を捨てたくないし、嵩張るため普段は座卓のままがいい、とのことで取り外しが出来る足を作られました。
お子さんや、お孫さんが仏壇に手をあわせられるときは座卓のまま、長い法要があるときや、お客さまとこちらで食事をするときは足を付けてと、シチュエーションに合わせて使われているそうです。

写真


棚の収納を増やすために

脱衣室にある棚は、高さはありますが奥行きが浅いため収納があまりなく、実用的ではありませんでした。
かといって、わざわざ改装するほどでもなく、棚をいれようにもちょうど良い大きさのものもみつからず、困っていたそうです。
そこで、棚の大きさに合わせた木片を組み合わせて即席の棚を作られました。
これならば、邪魔になれば取り外せば良いだけなので、手軽で、比較的安価に出来たそうです。

写真


マンションのお手洗いをリフォーム

ながらく住まれているマンションのため、お手洗いが古かったそうです。
タイル張りで冬は寒く、しかも和式と使いづらかったため、お手洗いのみをリフォーム。
その際、せっかくリフォームするなら、とのことで木材をふんだんに使われました。
木材の香りがするあたたかみのあるトイレに満足されています。

写真

台所の空きスペースに棚を

台所に半端なスペースが空いたため、ぴったりの大きさの棚を作成されました。
中に入れる家電の高さに合わせて棚の高さも決めれらたそうです。

写真



趣味で木工彫刻

お仕事を引退されてから、趣味で木材彫刻を作られたそうです。
鳥の彫り物は靴ベラとして使えるように、細工もされています。
ご自分が好きな物を作り、世界に一つだけの作品となりました。

写真



販売資材について
※全てお引き取りの上、詰め込みもセルフに限定した料金です。
  樹種は問わず、針葉樹の材料、一般建築用に使う材料です。

物件イメージ02

事務所設置 飛沫予防パーテーション

 

金額 未定

物件イメージ04

針葉樹合板定寸カット 

1.2p×91p×45.5p 
1.2p×91p×22.7p 
2.4p×91p×45.5p 
2.4p×91p×22.7p

金額 5枚セット\500〜 (送料別途) 

物件イメージ02

端材詰め合わせ

20p×48p×28p(木箱の内法寸法,木材を釘で固定して作成)

金額 ¥500(上記箱寸法で 税込 送料別途)

家具イメージ01

木くず

300グラム分 24p×10p×30pの段ボールにつめたもの
 
金額 ¥1/1g(写真なら¥300 税込 送料別途)

物件イメージ04

カンナくず

250グラム分 25p×21p×33pの段ボールにつめたもの

金額 ¥1/1g(写真なら¥250 税込 送料別途)